北ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 句集 光海(4)

<<   作成日時 : 2017/09/14 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 群雲(むらくも)の隙間に光る月いとし
   夜空で並ぶもの無い光芒を放つはずの月が雲に光を遮られる様は侘しいものです。
 
 迷い猫月にてらされ影ができ
   先日、なじみの銭湯を出ると近所に住み着いている一匹の野良猫がとぼとぼと歩いていました。

 風呂帰り母と歩いた月の夜
 僕の実家には僕が幼い頃は内風呂がありませんでした。だから、もっぱら銭湯に通っていました。その頃のことなど殆ど何も覚えていませんが、多分、こんなこともあっただろうと思い書きました。


 
 今回の季語は「月」を選びました。書いていて思ったのですが、月は太陽よりは題材に選びやすい様な気がします。月は長時間眺めていても精々、首が痛くなる位ですが、太陽を直視したら目を傷めるかも知れませんからね(笑い)。阿倍仲麻呂が詠んで万葉集に遺した一首もありますが、日本の和歌や俳句には太陽よりも月が似合うように思うのは僕だけでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
句集 光海(4) 北ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる